バストアップには食べるものにもこだわりを

身体を引き締める具だくさんみそ汁

いも、野菜などをたっぷり入れた具だくさんみそ汁です。

これは整腸作用もあり、ダイエットにも効果的です。

大根、にんじん、じゃがいも、さつまいもなどをいただけば、便通がよくなるし、太らないし、またみそそのものも身体にいい食材です。

料理を凝って作るとなると大変ですが、おみそ汁に具だくさん。

どうです、簡単でしょう?

冷蔵庫に入っている季節の野菜をいろいろと入れていくだけで、おなかがいっぱいになります。

私もちょっと身体を引き締めたい!バストアップしたいと思ったら、具だくさんみそ汁を作っていただきます。

調理の注意点はみそを入れすぎないこと。

できれば、だしはいりこや鰹節など天然素材のもので取って、カルシウムが含まれているそれらを食材ごと食べるといいでしょう。

バストアップには常備野菜や豆腐、こんにゃくを活用

みそ汁や煮物に飽きてきたら、身体に脂肪がつきにくい健康オイルなどで野菜妙めを作ってみてはいかがでしょうか。

ピーマン、にんじん、キャベツなどはたいていの家庭に常備されているもので十分です。

そこにたんぱく源として、かまぼこやはんべんなど魚の練り物を入れるとコクが増して、満足感を得られます。

それでも少々物足りないときは、卵を足すと栄養価が増すのでお勧めです。

メニューには、いも類やたまねぎなど、日持ちがする常備野菜を積極的に活用します。

私の場合、こうした常備野菜に加えて、新鮮な豆腐や魚類を買ってくることが多いですね。

こんにゃくは腸の掃除にもなり、カロリーが少なく、味付けによってはおいしくいただけるお気に入りの食品です。

一度習慣づければ、ビタミン類、繊維類、たんぱく質などバランスのよい食材を意識して選ぶクセが身についてきます。

外食が多い人は、とくに家での食事では栄養バランスを意識したメ二ューを食すようにしましょう。

食べるものにも気をつけながらバストアップに取り組んでいきましょうね!

黒ずみクリームの使い方